革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.05.3

20年以上前にお作りしたカード入れたくさんの長財布の再注文 30205

「だいぶ前に作ってもらった長財布を

愛用していますが、

そろそろ作り直していただきたい。」

とにかくこの長財布がいい、と

あるクライアントは

はるばるおいでくださいました。

 

 

 

 

 

 

実物を見て見ますと、

なんとまあ薄くお作りしていることか…

今にしてもここまで薄く作るのが限度、

という感じの出来上がりです。

 

「軽さと薄さは変えたくないので、

同じように作ってください。」

これだけ革を使ったお財布なのに

この軽さですから、

それはもう、これより重いものは

使いたくないと思います。

 

 

 

 

 

 

見た目に重厚感があっても、

手に取ると

拍子抜けするくらい軽いのが、

当店製品に共通する特長です。

 

重厚に見えれば、

どんな良い場所で出しても

気後れしませんし、

良い服装にも似合います。

 

 

 

 

 

 

しかし、当時

ここまでカード入れがたくさんあり、

ここまで軽くお作りするのは

かなりのチャレンジだったと、

今更のように感じます。

 

いまは多くの経験を持っていますから、

ある意味では

ここまでチャレンジングになることは

しないかもしれません。

経験多い人の決断が

時によって保守的になる、という

例なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

いずれにしても

これこれこうして欲しい、という

未知のご要望に対して

つねに最大の考える量と

試す量とを維持していきますと、

 

これはもう、

フグのどこに毒があって、

どこには毒がないから食べてもいい、

と言い残して息絶える人のような

感覚にもなっていきます。

 

それを一緒に味わってくださるのが、

ご注文者。

ご注文者のみなさまには

良い生を生きていただきたいと、

そう思う気持ちがチャレンジをさせてくれます。

 

このたびは貴重な薄さの20年後を

お見せいただき、再注文いただき、

ありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 身の回り品持ち運びホルダー

  • 財布&鞄としてのテックポーチ 85

  • お客さま考案の、長いお財布

同様のアイテムを見る: