革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.08.30

イタリア革の一枚革のトートバッグ 2302N

お財布をお作りしたクライアントから、

「このバッグがとても使いやすいので、

同じものを作ってほしい。」

というご依頼をいただきました。

 

典型的な一枚革のイタリア革で作られた、

一見するとシンプルなトートバッグです。

 

革のお色にはご指定があって、

「このキャメル(見本あり)と、ブラック。」

とのことでした。

 

 

 

 

 

 

イタリア革というのは不思議で、

裏地をつけなくても

製品として成立させられる革があります。

独特の素材です。

 

革は、ひとくくりに「ヨーロッパ製」

というような言い方はできません。

国によって、素材の特徴が変わるからです。

 

この方のお好きな革の特徴を持った革は、

なぜか日本には入荷していません。

ですからこのご注文品はまず、

革を探すことから始まりました。

 

 

 

 

 

 

おもしろいことに

似た雰囲気の革に目をつけると、

やはりどれもイタリア製だったりします。

その中から近そうな質感を選びますが、

お色も含めて、おそらく

あまり気に入ってくださりませんでした。

 

困っておりましたら

「では、これで黒にしましょう。」

と助け船を出してくださいましたので、

こちらからお出しした革見本に

なるべく近い表面イメージの革を取り寄せ、

製作に入りました。

 

 

 

 

 

 

革やさんが意図を組んでくれたので、

革見本としていただいたチップに近い

全体像を持つ革を分けてくれました。

ありがたいことです。

 

そして見本バッグと

同じにお作りしたわけですが、

見本は、一枚革で作られていても

結構複雑な作り方をしています。

 

こういう場合、作り方を踏襲しないと

ラインが変わってしまいますから、

ノリで決めたような細部も気にせず

その点までも着実に再現していきます。

 

 

 

 

 

 

とても良い出来でしたが、

ご本人とはお目にかかれないので

どのように感じたかはわかりません。

 

使った製品は小さくなりますから、

おそらく手に取った新品を

大きく感じたことと思います。

そういうこともお話ししたかったです。

 

お使いいただいて何か起きましたら

いつでもご相談ください。

 

 

関連記事

  • フロシキのラッピング

  • 小学生の娘さんへキュートな定期入れのお祝い 40217

  • 時計ケース

同様のアイテムを見る: