革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.05.8

小さな小さなゾウ革のキーケース 403N

飴ケースのご注文をくださった方が、

ちっちゃなキーケースも

ご注文くださいました。

 

2枚目、3枚目のお写真中で

家の鍵と比べていただくと、

このケースの小ささを

お分かりいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

さて、このケース、素材はゾウ革です。

デザイナーのオーダーで染めたダークネイビー。

ちっちゃなお品なので

ゾウ革とはわかりにくいかもしれませんが、

触っていただけばすぐに

牛革でないことだけは判別がつきます。

 

 

 

 

 

 

なるべく小さくして欲しい、

というご希望から

中身を伺って引き出したサイズですが、

おそらく最小サイズで

お作りすることができました。

今回は

偶然に出来上がった最小サイズです。

 

デザイナーが

クライアントのご希望に合わせて

机上で出したサイズで、

この大きさなら絶対に入る

と思っていたようですが、

 

中にチェーンやリングを付けることから

容量は想像以下になってしまいました。

 

小物製作の難しさは、

こんなところにもあります。

 

 

 

 

 

幸いにも

ちょうど良い、と思ってくださった

ご様子でしたから、幸運に感謝しています。

 

裏地にはワインカラーが出ますから、

拡げた時に、うわあ、となります。

 

真鍮のゴールドは

少しワイルドなゾウ革にとても似合います。

 

 

 

 

 

 

そして上のお写真は裏面ですが、

デザイナーは

こちらへ斑柄の無い革面を配しました。

 

見る面によって違うイメージなので、

経年変化を楽しみになさっている

この方には向いている、

と想像してのことです。

 

今回のゾウ革は

斑柄の無い部分でお作りしても

とにかくきれいです。

ラッキーな出会いでした。

 

 

 

 

 

 

こちらのキーケースに対しても

ご感想をいただいております。

このようにご感想を頂戴出来ますと、

私どもには今後の参考となりますし、

みなさまにもリアルな例をご紹介できて

とてもありがたいです。

 

思っていることをまとめて書くことは

大変なことなので、感謝感謝です。

 

************

想像したよりコンパクトで、

製作が大変だったんじゃないかと

思いました。(使用する方はいいのですが)

ゾウ皮についても、

表と裏で異なった面にしていただき、

そのセンス、また気遣いが

とても嬉しく思いました。

班のない面ですが、

よく見ると素敵な模様?だと思います。

これも今日早速使ったんですよ。

大きさはちょうどよかったです。

また、表と裏、両方楽しめました。

これは使っていくうちに

ツルツルになるんですか?

***********

 

はい、つるつるになって行きます。

末永くお楽しみください。

 

 

関連記事

  • ふたつのバッグが重なるショルダーバッグ

  • コロナ感染予防のための休講について

  • 仏像を入れるためのケース 73N

同様のアイテムを見る: