革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

最近の投稿

2021.11.29

ゴールドクロコの手帳カバー 11001

 

「以前 黒革の手帖を

作っていただきましたが、

今度はゴールドの手帳カバーが

欲しいと思います。」

久しぶりのクライアントから

ご連絡をいただきました。

 

 

 

 

ゴールドは、使ううちに

どうしても色が薄くなってくるものが多く、

それはそれで良い感じになりますが、

何とも難しい選択肢の革です。

 

しばらくお探ししたのですが、

手帳カバーに向いた革質の革が

なかなか見つかりません。

 

 

 

 

どうしようかと思っていたところへ、

たまたまクロコダイルを見つけるために

出掛けましたら、クロコダイルになら、

見るだけでも”めでたい”感じの

ゴールドがあるではありませんか!

 

クロコダイルは高価になってしまいますが、

それでも…と革見本をもらってきました。

このゴールドを見てしまうと、

何だか牛革のゴールドでは

物足りなく感じてしまうほどの

見事に「運のよさそうな」革です。

 

 

 

 

最初に牛革をお見せしましたら

お顔が曇ってしまいましたので、

どうしよう…と思いました。

そこでクロコダイルをお見せしたところ、

パッとお顔が輝きました。

 

ああ、きっとこの方はいま

お仕事で何か大きな転換期なのだな、

と感じる瞬間でした。

 

そんな方に

そんな時おいでいただけるのは、

とても嬉しいことです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

内側のお色はベージュにして、

最高級のカバーに仕上げました。

 

このクロコダイルのゴールドなら

最後にきっちり色留めをしていますから、

このカバーを作ってくださった時のことを

きっと長く思い出すことができ、

ずっと新しい気持ちをお持ちいただくことが

できるのではないかと思います。

 

 

 

 

「革製品」を通じてのお付き合いですが、

ずっとお店を訪れてくださる方は

みなさま、年々良いお顔になって行かれます。

 

そんな方々においでいただけるのは、

ありがたいことです。

 

こちらのクライアントのご成功を、

心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.25

薄くて小さな、ご指定どおりの二つ折り財布 2109N

 

遠方からのメールでのご注文品、

ふたつ折り財布です。

 

最初に、ご希望の革と

財布のサイズとを

お知らせいただきました。

 

そういうご注文は少なくありませんが、

このクライアントはまず、

当店の特製革とご希望の革との違いを

お尋ねくださいましたので、

それについてご説明するところから

やりとりを始めました。

 

 

 

 

世間にはさまざまな革が出回っています。

その中の何という革が

どのようにその方の琴線に触れたかは

クライアント一人ひとりで違いますから、

それを伺って

実際どうなのかをご説明します。

 

こちらのクライアントには、

良いと思っている革や

市販品がありましたので、

それらと比べていただきました。

 

 

 

 

当店では

サイズをご指定いただいた場合、

なぜそのサイズなのかもお尋ねします。

 

そのお尋ねをしますと、

自分の持っている財布がそうだから、とか

オーダーするのであれば

サイズを指定しなくてはならないと思ったから、

など、いろいろなお答えをいただきます。

 

 

 

 

デザイナーはそのご回答によって、

ベストの答えをお出ししてから

スケッチ画をお描きします。

 

そしてその意味を

順を追ってご説明しますと、

当店のクライアントのみなさまは

きちんと理解してくださいます。

 

メールでのご相談の場合、

そのようにして、ご注文の運びとなります。

 

 

 

 

今回のやり取りもまさにそのような感じで、

当店特製牛革をお選びくださり、

このお財布の製作となりました。

 

きっと今頃は、

だんだんと馴染んでくる革に

驚きと喜びをもって接してくださっていると

思います。

 

お送りした時、ご感想をいただきました。

ご紹介しましょう。

 

 

 

 

************

オーソドキシー様

本日製品を受け取りました。

薄さ、大きさ、色、品質

どれも素晴らしく経年変化も楽しみです。

 

試しに細いズボンの

前ポケットに入れてみたところ、

外に響かずすっきしりています。

 

ポケットに入れたとき

少し横幅が大きかったかもと感じましたが、

手に持つと 私の手のひらに

本当にぴったりの大きさで

結局この正方形に近い形を含め

とても気に入りました。

 

また機会がありましたら

どうぞよろしくお願いいたします。

この度はありがとうございました。

************

 

 

 

 

詳しいご感想をありがとうございます。

こんなにきちんと受け止めていただき、

ほんとうに嬉しいです。

 

最後に、クライアントからいただいた

ポケットに入れた時、

手に持った時、のお写真をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

新品ですが、ポケットの底に

すんなりと収まっています。

慣れてくれば、もっと

気にならなくなるでしょう。

 

 

 

 

手にすっぽりと入っている様子が

よくわかります。

大きさ感はこのようにしていただくと

初めて、きちんと把握できます。

 

いろいろと資料をお送りいただき、

ありがとうございました。

末永くよろしくお願いいたします。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.25

オフホワイトのきれいなiPhone11proケース 2109N

 

「いま使っているスマホケースが

白っぽい色なのですが、

1年ほどでかなり汚れてしまったので

あらためて御社で作りたいです。」

ありがとうございます!

 

これは、何度もご注文いただいている

クライアントからのご希望です。

今までたくさんのご注文をいただき、

ご家族だけでなく、ご親族様までも

使っていくださっておりますから、

当店製品が年月を経て

どんな風になっていくのかを

よくご存じのクライアントです。

 

 

 

 

最初は汚れにくいお色を、

と思ったのですが、

遠方のクライアントなので

革見本をお送りしましたら、

お選びになったのは

やはりオフホワイトカラー。

お好きなんですね。

 

私どもも、汚れない革を!と選んで

バリエーションでお送りしましたから、

愉しんでいただけたご様子でした。

 

以前もそうでしたが、

そういうご感想までいただけましたから、

この方の好みは

もうデザイナーの頭に入っています。

シックなイメージのクライアントです。

 

 

 

 

こちらのオフホワイトカラーは、

アルザス地方最古のタンナーが作った

汚れにくい、ニュアンスある革で、

ぬっぺりした色の革ではありません。

 

パッと見ると

単純なオフホワイトに見えますが、

濃淡二色から作られた

複雑なお色。

だから、素敵なんです。

 

 

 

 

不思議なことに

ここの革は汚れにくいので、

おそらく1年経っても

醜いヘタリ方にはならないと思います。

そんなことを思っての革のお薦めです。

 

お使いのスマホをお送りくださると

お申し出くださいましたが、

機種さえはっきりわかれば、

シェルカバーを使っているケースですから、

その必要はありません。

 

 

 

 

お送りして、ご感想をいただきました。

************

スマホケースが届きました。

こんなに早く作ってくださり

ありがとうございました。

 

ケースはとても素敵です。

本当にシックで素敵です。

思い切ってオフホワイトにして良かったです。

************

 

これから1年経って、

革の感じが汚くならないことに

きっと驚いていただけることと存じます。

 

そういう革素材の選び方こそ、

プロにお任せいただくことをお薦めします。

 

こちらのクライアントは

そういうすべてを理解して、

お任せくださいます。

ありがたいことです。

 

「楽して、

ベストの製品を手に入れる」

これが、当店フルオーダーメイドです。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.23

フルオーダーメイドのバッグや財布は、きわめて特別な、自分自身や大切な人への贈りもの

 

「注文していたバッグが届きました。

ありがとうございます。

もうびっくりしました!

あんなおまけのバッグが

こんな風に変わるなんて…

 

人前に持って行くのに、

見本にしたバッグより

ちょっと良くなればいい、くらいに

思っていたのですが、

これならどこへ持って行っても、、

きちんとしたところへ持って行っても、

大丈夫です。すばらしいです。」

 

 

 

 

弾むようなお声の、お電話を頂戴しました。

こちらのクライアントは、

信用金庫がおまけでくれた、

ファスナーで口の閉まるトートバッグと

同じ仕様のバッグを、ご注文くださいました。

 

見本をお持ちくださった時

「おまけでもらったバッグなのに、

何だかこれが使いやすくて…

でもこれそのものを持って歩くのは

これじゃ恥ずかしくって…

 

ひょっとしてこのバッグを

良い革で作ったらいいんじゃないかと

思いました。」

 

 

 

 

クライアントからいただいたお電話は、

ちょうど出来上がったこのバッグを前に、

「おおおお~」とどよめいた

アトリエでの歓声を思い起こさせました。

 

製作者たちはみな

見本バッグを見ていまして、

出来上がり品は

予想以上に、

驚くほど格が違ったからです。

 

ご相談時にお話してますしたら、何となく

きちんとした場所へもお持ちになりたそう?

と感じまして、

フランスの革をお勧めしました。

 

 

 

 

軽くて、使いやすいバッグであれば、

どこにでも持って行きたいのは当然です。

それが格の高いものとなれば、

まさに「理想的なバッグ」です。

 

当店では、ご相談時には気づかなかった

使い勝手に関する内容や、

この方がもっとステキな見た目になる、

という、製作途中にはっと気づく案も

ご連絡し、

変更をお勧めすることがあります。

 

 

 

 

それは、

「フルオーダーメイドを

仕事としてやっているのですから、

当たり前のことですよね。」

と受け取られることがありますが、

 

まずその前提となっている

「フルオーダーメイドを

仕事としてやっている」

の部分が、どれだけ珍しく、

どれだけ非凡であるのかを

ご想像いただきたいと存じます。

 

「ひとりのクライアントのために

全力を尽くす」

 

どこもが

それをやれる可能性を持っていますが、

どこもやっていないことを、

当フルオーダーメイドでは

例外なく、

どの案件であっても行っています。

 

 

 

 

「当たり前」と思われていることの中には、

じつはまったく

「当たり前」でないことがあります。

 

フルオーダーメイドはそのひとつ。

 

ご自分の生活を豊かにするために、

また

大切な人に

気持ちよく暮らしていただくために、

この極上の特別な贈り物を

お使いください。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.20

立ってメモを取るためのA5ノートカバー&手帳カバーのセット 

 

A5 サイズノート、もうひとつの手帳、と

2種類お使いのクライアントから

めずらしいご依頼をいただきました。

 

「立ったまま書くシーンが多いので、

とにかくまず、硬くしてもらいたいです。

どこを探しても売ってないので、

こちらをお訪ねしようと思いました。」

 

 

 

 

今までにも、立ったままメモするので、

というご依頼は頂戴しましたが、

具体的に

ここまでの硬さでご要望をいただいたのは、

初めてです。

 

それからこのカバーには、

オリジナルマークの押印をリクエスト

いただいています。

版を作って、凹凸で刻印しています。

お揃いの、すてきなワンポイントです。

 

 

 

 

最初にお見せするのはA5ノートカバー。

入れるノートはタテ型、ヨコ型の

どちらの場合もあるということで、

左がヨコ型、右がタテ型用、

厚みは50枚用で、とご希望いただきました。

 

実際に使ってみてからのご注文なので、

クライアントに迷いはありません。

 

今までシステム手帳なども使った

というお話ですが、

やっと

一番合うものにたどり着いたご様子です。

 

 

 

 

まだ若いクライアントなので

「軽いこと」はあまり気にしなくて良い、

とおっしゃってくれましたが、

10年以上使っていただけると思いますと、

どうしても少しは軽く、と気遣ってしまいます。

 

今回は、出きる限り硬く、という

ご希望を叶えるために、

普段は使わない芯材を選定しました。

 

このように、「ご注文者在りき」の

フルオーダーメイドでは、

一つひとつのオーダー品に対して、

それぞれに見合った材料をご用意します。

 

 

 

 

お渡ししましたら、笑顔を見せてくださり、

とても嬉しかったです。

 

このような珍しいご注文品の場合

「ほんとにこれでいいのだろうか?」という

多少の懸念が、毎回出てしまいます。

 

でも、デザイナーと製作者が

クライアントの意向を話し合うことで、

ご依頼内容を

ほぼほぼ100%達成することができます。

 

この話し合いと検討が

製作中すぐにできなければ、

フルオーダーメイドを行うことは出来ません。

 

 

 

 

ここから下の2枚は、手帳カバーのお写真です。

同じくらいの硬さなので、

「これくらい硬ければ、

書くのに苦労しなくてすみそうです。」。

良かったです。

 

最後に言ってくださったひと言が、

忘れられません。

「これで仕事を頑張れます。」

 

きっとうまく行くことと存じます。

当店を訪れてくださる方々には

すばらしい方が多く、

久しぶりにそのどなたかにお会いする時、

さらにパワーアップしていることを感じます。

 

 

 

 

ありがたいことにご感想をいただきました。

************

お世話になっております。

本日は商品を受取らせて頂き

ありがとうございました。

また、ご在宅勤務にもかかわらず

ご対応を頂きましたお陰で、

最速で手にすることができました。

改めてお礼申し上げます。

 

帰宅してからも、

開いたり閉じたりして、

嬉しさを嚙み締めております。

 

色みや材質、触り心地等、

どれも理想的で、

毎日の仕事がより楽しくなると思います。

メールにて恐縮ですが、お礼申し上げます。

************

 

 

 

 

当店でお作りしたオーダー品が

お持ちになる方のお役に立てて、

気持の上で誇りを持っていただけることが、

私どもにとって一番ありがたいことです。

 

どこもない、あなただけのひと品。

 

それは、

心からみなさまの幸せをお祈りしながら

銀座のアトリエでお作りしています。

このたびはありがとうございました。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.18

15年ほど前から、ほぼ毎日お持ちくださっているトートバッグ

 

15年以上前にお作りした

パターンオーダーのトートバッグの、

メンテナンスをご依頼いただきました。

 

「ほとんど毎日使っていて

ぜんぜんお手入れしてないのですが、

まだまだ頑張ってもらいたいので

メンテナンスをお願いします。

 

だいぶくたびれてしまったので、

どこを直せばよいか

お教えいただけると良いのですが。」

 

 

 

 

右側がメンテナンス前のお写真、

メンテナンス後は、左側のお写真です。

 

さすがに15年以上お手入れがありませんと、

かなり乾いてパサついた感じです。

 

それでも、お使いいただく時に

手で撫でていただいていれば、

年月が経つほど、まったく状況は変わります。

 

 

 

 

「お手入れしましょう!」と

腕まくりしてわざわざお時間を取るのは

大変と思いますし、

以前お書きしたように、革によっては

お手入れがまったく違いますから、

間違った手当なら、

しない方が良い場合もあります。

 

そこで当店の革にお勧めしているのは、

「ヴァセリン」を使ったハンドお手入れ。

 

1.ヴァセリンを

ハンドクリームとして手に塗ります。

 

2.その手を使って、

電車やタクシーに座っている時

革全体を撫でます。

 

3.バッグを持つ時、服の側に来る面を

時々変えてあげてください。

 

たったこれだけのことで、

ヌメ革のように脂の多い革は

うまく育ってくれて、傷も治っていきます。

 

「お手入れ」とは、

手を入れる=コンスタントに使うこと

です。休ませながら、使うこと。

 

 

 

 

「どのように直したらよいか?」

とお尋ねいたたく場合、

当店では、全体を良く見てお返事します。

 

革の状態を見極めて、

「これならバラして直した方がいい」のか、

「なるべくお金をかけずに、

便利に持てるための

マイナーチェンジするのがベスト」なのか、

「ここが切れるまで使って、

それから直す方が良い」など、

革の状況と形・仕様によって

ベストの答えは様々です。

 

それで今回は、

フタ裏の革は付け直すことはせず

取り去るだけにしておきました。

 

このように

長いお付き合いをしていただけるのは、

ありがたいことです。

たくさんお使いいただき、ありがとうございます。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.16

札を20~30枚入れる、オレンジ色の長財布 108N

 

以前、長財布をお作りしたクライアントから、

「とても良かったから、

プレゼントで

同じ革の長財布を作りたいのですが。」

と嬉しいご連絡を頂戴しました。

 

冴えたきれいなオレンジ色の長財布ですから、

喜んでいただけるプレゼントになるでしょう。

「少し仕様を変えたいので、

ご相談に載ってください。」

 

 

 

 

前回は100万円入る札入れでしたが、

今回は20~30枚ほど入れば良い、

というご希望です。

 

サイズとしては前回

「なるべくコンパクトに、

なるべく薄く」という

リクエストをいただきましたが、

そこは今回も同様です。

 

 

 

 

ファスナーの小銭入れもお付けしましたが、

かなり薄く、コンパクトに仕上げました。

 

この「コンパクトに」というご希望は

よくいただくのですが

かなりの曲者で、

 

どれほど小さくすることができるかは、

長財布の場合

どれだけ札や小銭を入れるか、

にかかっています。

 

 

 

 

上のお写真と

下のお写真を、比べてご覧ください。

 

上は今回の20~30枚用で

下は前回の100枚用です。

 

ご要望内容によって、

ふたつの長財布は、タテxヨコの寸法も

変わります。

 

そして、どちらの枚数に対しても

2~3種類の製作方法がありますから、

そこは、それぞれのご注文者が

何を第一条件としてお考えか、によって

毎回変えています。

 

 

 

 

フルオーダーメイドでは、

ほんの少しご要望内容が変わるだけで、

 

同じアイテムであるにも関わらず、

出来上がりの寸法はもちろん、

構造自体もまったく違うモノになります。

 

「コンサルティングをしていると、

頭の中でカチャカチャと、

出来上がり品の姿が

どんどん変わっていくのよね。」

とは、デザイナーの弁。

 

ここまで複雑になってきますと、

AIに学習させるのが良い業種なのかも、

とも思いますが、

ご注文者の微妙なニュアンスまでつかむには、

やはり人間の感触が必要だと感じます。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.12

10年ものの二つ折り財布から長財布へ

 

久しぶりにお訪ねくださったクライアント。

お会いしたのは、以前ふたつ折り財布を

お求めくださってから、10年近く経ちます。

 

「近くを通りかかったんで

寄ってみました。3代目のお財布がね、

とても良い感じになって。」

 

 

 

 

こちらのクライアントは

10代の頃からおいでくださって、

ずっと当店のお財布を持ってくれています。

 

「今回も、どこも直さなくって

ここまできれいなツヤが出て、

この間ひどくキズ付けたんですが

何となくもう黒く戻っちゃって。

嬉しいけれど、

どこで買い替えようかと…」

 

 

 

 

お写真は、革のテリをお目に掛けようと

スマホのカメラで撮ったものですが、

すばらしいツヤです。

 

話しているうちに、

「最近長財布に目が行くようになって。

そういう年齢かな?」と

苦笑いしてらっしゃいます。

 

店頭を見ているうちに、

「これ、この長財布の軽さは何?

それにすごく薄いですよね。

今まで見たことなかったです。」

 

 

 

 

そういえばこの方は、

だいたい10年くらいで

財布を変えてらっしゃいました。

 

今回は長財布が気になるところで

おいでくださったのですね。

 

お写真は、その方が気になった

定番長財布です。

 

考えて見れば、

お店の製品に軽さと

見た目以上にモノの入ることを目指し、

製作方法を変え出してからすでに

30年ほどが経ちます。

 

この感覚を持つのはちょっと早すぎたようで、

当時からしばらくの間

きちんと理解されることはなかったですが、

いまはほとんどの人がわかってくださいます。

 

 

 

 

「この長財布、片方の札入れに、

新札なら40枚は入るんですよ。」

実際に入れて見せますと、

「とても薄いから、

こんなに入ると思わなかったです。

ビックリしました。」

 

当店にある定番製品はすべて、

市販品と比べますと

軽量で、見た目以上にモノが入ります。

 

 

 

 

ずっとそんなことを目指してきますと、

ついついそれが当たり前になります。

 

ですから、外から訪ねてきた人から、

素直に「すごく軽くて薄いし、

たくさん入りますね。」と言われますと、

とても新鮮で、嬉しく感じます。

 

今回の4代目のお財布、

また10年お使いください。

ありがとうございました。

 

最後にこの方が驚いてくださったことは、

「スーツのポケットに入れても

ぜんぜんラインが崩れませんね。」

当店のモノ作りからすると当然ですが、

それをちゃんと感じていただけて

よかったです!

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.9

24年目の修理 一点ものの手提げバッグ

きっちりと自立するこの手提げバッグは、

なんと24年ほど前の1点もの。

 

20歳の記念にお買い求めくださった

クライアントが、

「思い出深いバッグでもありますし、

どれくらい使ってもまだ好きなので、

ここらへんで総点検をお願いしたく…」

とご依頼くださいました。

 

 

 

 

残念なことに

修理前の状況を写真に収めず、

お見せすることができませんが、

黒いルバルの革は、

かなり白っぽくなっておりました。

 

今回、丁寧なオイルケアをしたことで、

お受け取り時クライアントが

「これ、お色もつけてくださったんですか?

新品みたいになりましたね。」と

驚いたほど、革の色・ツヤが生き返っています。

 

 

 

 

今回は、このバッグを丸っとバラして

角の補強をするのがメインの修理で、

 

その他、裏地はすべて取り換え、

必要に応じて随所に当て革をするという

細かい補強をしています。

底鋲もすべて取り換えています。

 

特に喜んでいただけたのは、

以前にお付けしたネームパッチを

そのまま再度お付けしたところ。

20歳の記念と聞きましたので、

そのお気持ちを大切にしたいと思いました。

 

 

 

 

それにしても、当店特製牛革には

私どもでも驚くほどの

再生力があります。

 

これは黒、だったの?という感じから、

クライアントが喜んでくださったように、

染色すること無しに、

ここまでツヤのある黒になりました。

 

これが

当店特製革の持つポテンシャルの高さです。

 

「20歳の時に思い切って買ってから、

気に入ってずっと持ってます。

たまに

1年ほどお休みさせていた時期もありますが、

持っていると、特に男性から

良いカバン持ってるね、と言われてきました。

不思議ですが、

白っぽくなっていた時でも

やはり褒められていました。

 

 

 

 

「良い靴を履くと、その靴が

良い場所に連れて行ってくれる、

と聞きましたが、

バッグも

良い場所に導いてくれている、と思います。」

すてきな言葉を頂戴しました。

 

「こんな風に蘇る革であれば、

これからはきちんとお手入れして

良い状態に保ちたいと思います。

 

革がこういう素材だと知って、

ますますこの鞄が好きになりました。

大切にします!」

 

 

 

 

ありがとうございます。

背筋をスッと伸ばしたお姿が

とてもステキなクライアントです。

 

長い時間を通して、

当店製品をお持ちになる方が

どんな風に年齢を重ねていくのか、

こうして拝見することは

少なくありません。

 

そんな時、すばらしく

魅力的な人になっているクライアントに

お目にかかりますと、

私どもも背筋が伸びる思いです。

 

同様のアイテムを見る:

2021.11.7

バッグや財布にお薦めのキレイ色の革見本

本日お目にかけるのは、

きれいな色の革の見本帖。

 

色落ち無く、

雨にあたってもシミにならない革で、

フランスで作られた革です。

 

しなやかなので、革を手に持つと

「いい感じ」の繊維感があって、

しっかりした良い革だと感じることが

できる高品質のものばかりです。

 

 

 

 

写真が曲がっているのを

ご勘弁ください。

 

なかなか見本帖通りの色が出ないので、

苦心して角度を変えた結果です。

かなり見本の色を出せたと思いますが、

曲がっていることで

少し気持ち悪いかもしれません。

ご勘弁を。

 

 

 

 

こんなきれい色もご用意できますので、

バッグや財布を「色」中心にお考えの方、

参考になさってください。

すべて牛革です。

 

 

同様のアイテムを見る: