手帳カバー、システム手帳

スタイリッシュなA5システム手帳 102

  イタリアのすばらしい型押し革で スタイリッシュなシステム手帳を お作りしました。   原案をお持ちのクライアントと ご相談をしていて、 それはこんな感じでしょうか? と解釈した内容がクライアントの […]

続きを読む

10年毎日お使いいただいた手帳カバー 910

  2009年2月13日にお作りした 当時の当店特製牛革「フォルテ」の 手帳カバーのお写真をいただきました。   これをいただいたのはあと半年ほどで 11年が経とうとしていた時。   &nb […]

続きを読む

ファスナー長財布&システム手帳の合わせ型オーガナイザー 10

  コンパクトに身の回り品を持ち歩く、 「オーガナイザー」のようなタイプに 注目が集まっていると、感じます。   本日ご紹介するのは だいぶ前のご注文品です。 当時はこれをオーガーナイザーと名付ける […]

続きを読む

シックなワインカラーのバイブルサイズシステム手帳

  以前鞄を作ってくださった クライアントが、 そろそろシステム手帳を新しくしたい、 と ご注文くださった定番システム手帳。 思い出していただけて、嬉しいです。   当店の定番は、 「こうすればもっと […]

続きを読む

調節幅のとても大きなブックカバー「ストリングス」変型

  さて今回の珍しいご注文品、 下のお写真が何かわかる方は そうそういらっしゃらないと思います。 答えは、ブックカバー。   最初メールでご相談いただいた時には、 そこまでの長さの変更は不可能では? […]

続きを読む

ペンを使って閉じる台本カバー 209

  贔屓の俳優さんや 親しい俳優さんへのプレゼントとして、 台本カバーは人気のお品です。   ご注文者は、差し上げる方が どのように台本を使うかを見たりしながら どんなカバーにするかを お考えになりま […]

続きを読む

書き味の良いA4ジョッター 912

  定番のA4ジョッターは、 デザイナーが15年以上使っている 愛用品です。   所々ボロボロとなってきましたが、 書き味良く 手触りも良いので、 まだまだ…と使っているようです。   &n […]

続きを読む

コードバンのフランクリンシステム手帳 205

  コードバンの人気は ますます出ている感じがします。   今回のコードバンは日本製。 日本で作ったコードバンの特徴は、 ・色揃えが豊富なこと、 ・水ジミができにくいよう 薄っすらと表面をコーティング […]

続きを読む

クロムハーツを使ったミニチュアシステム手帳 209

クロムハーツ好きには 堪えられないお品をお作りしました。 ミニチュアのシステム手帳です。   金具のひとつひとつから特注の、 驚くべきオーダー品です。   これを作るにあたっては、 さまざまな新しい試 […]

続きを読む

台本カバーの新しいアプローチ 206

台本カバーのご注文として 初めていただいたアプローチを ご紹介します。   「台本」と言えば 「B5サイズくらいで綴じたもの」 とばかり思っていましたところ、   A4用紙にコピーした台本を 使ってら […]

続きを読む

リザードレッドのシステム手帳 912

遠方のクライアントからご依頼をいただきました。 「赤いリザードでシステム手帳を作りたいです。」   少し前のオーダー品なので、 今頃はきっとお役に立っているのではないかと 想像しております。   &n […]

続きを読む

3年もののファスナータイプの手帳カバー、コンパクト財布など

いくつかの小物を、 同じお色で揃えて お持ちくださる方もいらっしゃいます。   こちらのクライアントは 最初にファスナータイプの手帳カバーを ご注文いただいてから、     次にコンパクト財 […]

続きを読む

ご自宅で毎日使う手帳カバー 201

技術業を営む社長さんが このたびご注文くださったのは、 ご自宅で毎日使う手帳のカバー。   めずらしいサイズで 折り畳んだ時に、下のサイズになります。   「家で仕事する時に 必ず使う手帳があるんです […]

続きを読む

ご婚約の返礼品、B5サイズ26穴バインダー 201

女性から男性へ、 ご婚約の返礼品としてご注文いただく 革製品もあります。   鞄だったり、お財布だったり、 いろいろなアイテムをご利用いただきますが、 最近多いのが、システム手帳です。   &nbsp […]

続きを読む

15年ほどお使いいただいたシステム手帳カバーと名刺入れ等のセット

今日は、長いお付き合いをくださっている クライアントの持ち物を ご紹介させていただきます。   カバンもそうですが、この方のカバンの中から 続々と出てくる小物はすべて、 当店でお作りした革製品。   […]

続きを読む

あるクライアントのお財布遍歴

2007年から お付き合いくださっているクライアント。   たまたま先日もご注文をいただいた時、 その方のお財布の変遷について お話しをいただく機会に恵まれました。 足掛け14年のお付き合いです。 ありがたいこ […]

続きを読む

易学のためのコードバン、A5システム手帳 203

易学系のお仕事の方から ご注文をいただくことが度々あります。   易学の方が気になさるのは、素材です。 ご自分の道(と言うのでしょうか?) に合った素材をご存知なので、 いままでに シャーク、リザードなどでお作 […]

続きを読む

3色使いの手帳カバー、色の選び方について 912

トラベラーズノートと同じサイズ、 A4三つ折りサイズの手帳カバーを ご注文いただきました。   めずらしい3色使いです。 ご注文者の個性が出る色合わせ、 色の配分です。     手帳を広げる […]

続きを読む

180度開いたまま見られる楽譜入れ 1904

音楽演奏をする人にとって、 楽譜を見やすいように 楽譜立てに置くことが必要ですが、 それが案外 大変なことのようです。   それを見ていたご友人が、 「こんなものをプレゼントしたくて。」 とご相談くださり、 & […]

続きを読む

プレゼントの台本カバー 906

台本カバーのご注文では、 さまざまな俳優さんに さまざまなデザインでお作りしています。   プレゼントとしてのご注文が多いですが、 そんな時にもそれぞれの俳優さんの お写真を見せていただいたり、 どんな服装が多 […]

続きを読む

エキゾチックレザーのB5バインダー

前回エキゾチックレザーのことを お書きしましたが、 それを書くきっかけになった ゴージャスなご注文についても ご紹介しましょう。   B5バインダーですが、右から オーストリッチ、クロコダイル、 オーストリッチ […]

続きを読む

ハヤカワ・ミステリ用本カバー 97

本のサイズにもいろいろと 種類があります。 文庫本、新書版、ハードカバー、 聖書…   文庫本や聖書の中にはまた、 それぞれの違う大きさが存在します。     こんな無駄とも思える知識ですが […]

続きを読む

デュアルタイプのシステム手帳

長いお付き合いのこのクライアントは、 いつもオーダーしたいものに対して お手本のように接してくださいます。   今回はシステム手帳。 遊び心のあるご注文です。 2冊がくっついているようなタイプで、 見本をお持ち […]

続きを読む

コードバンの端正な手帳カバー 95

エキゾチックレザーの中でも コードバンは最近、特に人気です。 コードバンには国内製造の革もあれば、 イタリアやアメリカからの輸入革もあります。   お写真でご紹介するのは、 国内生産のコードバンで作った うつく […]

続きを読む

小型録音機を収納できるシステム手帳 811

「この小型録音機を、 システム手帳を 開く開かないに関わらず 作動できるようにして欲しいです。」   さまざまな方に インタビューするお仕事のため、 つねに小型録音機を お持ちになる方からのご注文です。 &nb […]

続きを読む

店舗用カード用紙サイン用ジョッター&顧客カード記入用ジョッター 97

新しくオープンする高級店でお使いになる カード用紙のサイン時に使うジョッターと、 顧客カード記入用のジョッターを ご注文いただきました。   お店のイメージに似合う キャメルカラーをお選びいただき、 こんな素敵 […]

続きを読む

ファスナー長財布のクラッチバッグ、またはオーガナイザー 97

  「身の回り品をコンパクトに収め、 ひとつにまとめて持ち歩きたい。」   男性クライアントから多くいただく リクエストのひとつです。   市販品では物足りず、 もっとこうあったらいいのに… […]

続きを読む

システム手帳のリフィルタイプ・ジョッター 810

おもしろいご注文は 枚挙にいとまがありませんが、 今回のこのお品も 充分変わったオーダー品です。   6穴システム手帳に挟み込む リフィルタイプのジョッター。 前回に続いてしまいますが、 ぜんぜん違うタイプのオ […]

続きを読む

A5ジョッターのご感想をいただきました。911

クライアントのみなさまから 嬉しいご感想をいただくことがあります。 今回のジョッターへのご感想には、 お使いのお写真をお付けいただきました。 ほんとにありがとうございます。   微妙なサイズでのご注文で とても […]

続きを読む

「黒革の手帖」デザインの手帳カバー 812

長くご自分とともに歩む手帳カバーを 大切に思う方も 少なくありません。   昔、日記帳を大切にする 文化がありましたが、 そんなところに共通するものが あるのかもしれません。     本日ご […]

続きを読む