手帳カバー、システム手帳

あるクライアントのお財布遍歴

2007年から お付き合いくださっているクライアント。   たまたま先日もご注文をいただいた時、 その方のお財布の変遷について お話しをいただく機会に恵まれました。 足掛け14年のお付き合いです。 ありがたいこ […]

続きを読む

素晴らしいグリーンコードバンのA5システム手帳 203

易学系のお仕事の方から ご注文をいただくことが度々あります。   易学の方が気になさるのは、素材です。 ご自分の道(と言うのでしょうか?) に合った素材をご存知なので、 いままでに シャーク、リザードなどでお作 […]

続きを読む

3色使いの手帳カバー、色の選び方について 912

トラベラーズノートと同じサイズ、 A4三つ折りサイズの手帳カバーを ご注文いただきました。   めずらしい3色使いです。 ご注文者の個性が出る色合わせ、 色の配分です。     手帳を広げる […]

続きを読む

180度開いたまま見られる楽譜入れ 1904

音楽演奏をする人にとって、 楽譜を見やすいように 楽譜立てに置くことが必要ですが、 それが案外 大変なことのようです。   それを見ていたご友人が、 「こんなものをプレゼントしたくて。」 とご相談くださり、 & […]

続きを読む

プレゼントの台本カバー 906

台本カバーのご注文では、 さまざまな俳優さんに さまざまなデザインでお作りしています。   プレゼントとしてのご注文が多いですが、 そんな時にもそれぞれの俳優さんの お写真を見せていただいたり、 どんな服装が多 […]

続きを読む

エキゾチックレザーのB5バインダー

前回エキゾチックレザーのことを お書きしましたが、 それを書くきっかけになった ゴージャスなご注文についても ご紹介しましょう。   B5バインダーですが、右から オーストリッチ、クロコダイル、 オーストリッチ […]

続きを読む

ハヤカワ・ミステリ用本カバー 97

本のサイズにもいろいろと 種類があります。 文庫本、新書版、ハードカバー、 聖書…   文庫本や聖書の中にはまた、 それぞれの違う大きさが存在します。     こんな無駄とも思える知識ですが […]

続きを読む

デュアルタイプのシステム手帳

長いお付き合いのこのクライアントは、 いつもオーダーしたいものに対して お手本のように接してくださいます。   今回はシステム手帳。 遊び心のあるご注文です。 2冊がくっついているようなタイプで、 見本をお持ち […]

続きを読む

コードバンの端正な手帳カバー 95

エキゾチックレザーの中でも コードバンは最近、特に人気です。 コードバンには国内製造の革もあれば、 イタリアやアメリカからの輸入革もあります。   お写真でご紹介するのは、 国内生産のコードバンで作った うつく […]

続きを読む

小型録音機を収納できるシステム手帳 811

「この小型録音機を、 システム手帳を 開く開かないに関わらず 作動できるようにして欲しいです。」   さまざまな方に インタビューするお仕事のため、 つねに小型録音機を お持ちになる方からのご注文です。 &nb […]

続きを読む

店舗用カード用紙サイン用ジョッター&顧客カード記入用ジョッター 97

新しくオープンする高級店でお使いになる カード用紙のサイン時に使うジョッターと、 顧客カード記入用のジョッターを ご注文いただきました。   お店のイメージに似合う キャメルカラーをお選びいただき、 こんな素敵 […]

続きを読む

ファスナー長財布のクラッチバッグ、またはオーガナイザー 97

  「身の回り品をコンパクトに収め、 ひとつにまとめて持ち歩きたい。」   男性クライアントから多くいただく リクエストのひとつです。   市販品では物足りず、 もっとこうあったらいいのに… […]

続きを読む

システム手帳のリフィルタイプ・ジョッター 810

おもしろいご注文は 枚挙にいとまがありませんが、 今回のこのお品も 充分変わったオーダー品です。   6穴システム手帳に挟み込む リフィルタイプのジョッター。 前回に続いてしまいますが、 ぜんぜん違うタイプのオ […]

続きを読む

A5ジョッターのご感想をいただきました。911

クライアントのみなさまから 嬉しいご感想をいただくことがあります。 今回のジョッターへのご感想には、 お使いのお写真をお付けいただきました。 ほんとにありがとうございます。   微妙なサイズでのご注文で とても […]

続きを読む

「黒革の手帖」デザインの手帳カバー 812

長くご自分とともに歩む手帳カバーを 大切に思う方も 少なくありません。   昔、日記帳を大切にする 文化がありましたが、 そんなところに共通するものが あるのかもしれません。     本日ご […]

続きを読む

スタイリッシュなイタリアンレザーの手帳カバー

年に2回、当店では スタイリッシュなイタリアンレザーを お入れしています。   種類は少なく、枚数はそれぞれ たった一枚ですが、 最先端の技術で作られた逸品ばかりを 選んできます。     […]

続きを読む

台本カバー製作に当たってのメールでのご相談風景

遠方の方からご相談いただくことも 少なくありません。 そんな時は 写真やスケッチ画を使いながら メールでやり取りします。   大切な方へのプレゼントとして 台本カバーを ご注文くださったクライアントから、 嬉し […]

続きを読む

懐中時計を嵌め込んだシステム手帳 93

昨年お作りした手帳カバーの中に こんな変わったシステム手帳がありました。 見本品のあるものでしたが、 こんなものは見たことがありません。   なんでも、20年ほど前 懸賞に当たって いただいたものだというではあ […]

続きを読む

仕事資料を持ち運ぶ、バインダー式バッグ 811

このバインダー式バッグができるまで いったいどれくらいの時間が かかったことでしょう…   クライアントにご納得いただけるよう 相談に相談を重ね、 ダミーバッグを2個お作りし、 ふたつとも一定期間使っていただい […]

続きを読む

2代目は、コードバンの手帳カバー 93

コニャック色のコードバンを使った この手帳カバーは、 なかなか迫力ある逸品となりました。   20年ほど前、代官山店で カバーを頼んでくださったクライアントが 「そろそろ新しいものを、」と ご注文くださったお品 […]

続きを読む

色にこだわりある、山吹色のシステム手帳 91

当店でご注文くださる方の中で こだわりのある部分は、 大きく分けると ・仕様とデザイン ・革の色と糸の色 の2種となります。     圧倒的に先の 仕様とデザインにこだわる方が多いのですが、 色にこだ […]

続きを読む

易者さんからいただいたサメ革システム手帳のご注文

ハードなたたずまいのシステム手帳は、 サメ革のブラックでお作りしています。   このカッコいいお品を ご注文くださったのは、女性の易者さん。   ご相談はすべてメールで行われましたが、 当店のコンサル […]

続きを読む

20穴A5バインダー、システム手帳 91

手帳の中で最近人気なのは、 A5サイズ。   手帳のサイズは 大きくなったり 小さくなったり いろいろな変遷をしてきましたが、   最近では小さくなることは ほとんどなくなってきました。 それどころか […]

続きを読む

端正なほぼ日手帳カバー 811

市販の手帳カバーは、 製作上の都合や 使う人が特定されてない、という 別の意味での限定された条件から、   どうしても大きめに、 ざっくりと作ることになります。     ですから、気持ちよい […]

続きを読む

ハヤカワ・ミステリ用ブックカバー 97

スマホ最盛とはいえ まだまだ本を携帯してお読みになる方は 少なくありません。   当店のクライアントの中には 多くいらっしゃるという印象があります。     本日ご紹介するブックカバーは ハ […]

続きを読む

A4サイズが入る革の封筒バッグ 812

文藝・思想などの分野で高名な 文筆家のクライアントが おいでくださいました。   以前メガネケースをお作りしたご縁で、 今回は新しく出したご本に サインを入れていただきました! ありがとうございます。 さっそく […]

続きを読む

うつくしいコードバンのA5カバー 92

とても美しいA5カバーをご紹介します。 コードバンでお作りしました。   外見が変わっているのと 大きさがあることとで、 文字通り「立派な」持ち物となりました。   こんな素敵なお品にしあがり、 製作 […]

続きを読む

使い込んだシステム手帳と二つ折り財布 86

38年もやっておりますと、 今までオーダーくださったクライアントが ご自身で使っているところを 見せてくださる機会に恵まれます。   本日は、良く撫でてくださって きれいに育った ふた品を 拝見させていただきま […]

続きを読む

シックなチケット入れ 78

俳優さんやミュージシャンの方々の 熱心なファンも、たびたび ご注文にご来店くださいます。   そういう中で一番多いご注文は ダントツで台本カバーですが、 このたびご注文いただいたものは チケット入れ。 &nbs […]

続きを読む

プレゼントのクラッチバッグ 812

毎年同じ時期になると プレゼント品をご注文くださるクライアント。 当店の季節の風物詩にもなっていらっしゃります。   この方からご注文をいただきますと、 ああ、そろそろこの季節なんだ、と また一年が経過したこと […]

続きを読む