革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.01.1

ペンギンリュックのエレガントバージョン 210P

あけましておめでとうございます。

新年もよろしくお願いいたします。

それでは、本日のオーダー例です。

 

リピーターの方から

「リュックを探しています。

いろいろ市販品を見たのですが

良いのがなくて。その時

以前オーダーした

御社のウェブショップを見てみましたら、

これこれ、というお品が2点ありまして、

迷っております。ご相談させてください。」

という

嬉しいお問い合わせメールを頂戴しました。

 

 

 

 

 

 

クライアントが迷った2点のリュックは

「ペンギンリュック」「アルバリュック」

こちらのクライアントは

ご自分が何を迷っているか

明確にお書きくださったので、

 

デザイナーからはこの2点の違いを

デザインと用途の観点からお話しすることで、

あっという間にご決断いただきました。

 

 

 

 

 

 

2点のリュックの違いは、まず容量です。

ペンギンにはA4サイズが入りますが、

アルバには入りません。

 

デザイン的な違いは、

ペンギンはスポーティにしたので

男女どちらでもお持ちいただけますが、

アルバはエレガントで、

どちらかというと女性の方向きです。

 

 

 

 

 

 

カジュアルな感じではなく

エレガントな感じにしたいというご希望で、

左右の白いポケットを

本体と同じお色にすることを

ご提案しました。

 

出来上がってみると、

この2か所のお色が少し変わるだけで

これだけ印象が変わるとは…

狙いどおりではありますが、

いざ見ますと、

別物のようにシックになった、と感じます。

 

 

 

 

 

 

このリュックの良いところは、

上のお写真でお見せしている外ポケット。

 

これには内部にタテ仕切りを付けていて、

ポケット内で小物がごちゃごちゃしないよう、

そして

モノを見つけやすいよう、しています。

 

お使いいただきましたら、

きっと、ああよかった、と

思っていただけることと存じます。

 

 

 

 

 

 

ファスナーの引き手の裏に付けた革は、

上のお写真どおり「赤」です。

ここにほんの少しの赤が入ることで、

シックな中に華やかさがプラスされます。

 

メールのやりとりをしながら

前回お作りしたオーダー品とともに想像しますと、

まさにこんなイメージのクライアントです。

 

出来上がってお送りしましたら

この赤の部分を気に入っていただけて

お勧めして良かった、と思いました。

 

このオーダー品のお受け取りの際に

頂戴したご感想をご紹介します。

************

リュックはとても軽く、一部変更をして

イメージにぴったりのものを

つくっていただきました。

 

内側のファスナーつきポケットの引手にも、

表と同じ赤が使われており、

あっ、ここにも!とうれしかったです。

まだ荷物を入れて背負っていませんが、

腰に触れる感じがとても心地よいですね。

************

ありがとうございました。

末永くお役に立つことを願っております。

 

 

関連記事

  • 「ザ・カーヴ」こげ茶版(ソフトアタッシュケース)

  • 栃木レザー㈱の牛革の作り方

    栃木レザー㈱の牛革の作り方

  • シックなチケット入れ 78

同様のアイテムを見る: